[*Master Only]

今日は、庭の植栽と坪庭のご相談にこられたお客様のお家にお邪魔した。
半年ほど前に家の内装、外壁、庭の外構工事まですべてリフォームされていて、後は植栽工事のみとなっていた。
あれだけ手をかければまだ10年20年お住まいになられても大丈夫だ。大切なお家に合った植木たちをアレンジしてみようと思う。

ただ、少しご不満を言われていた。
玄関前の乱形石のことだ。『石がポロポロかけて困る』
業者に見てもらったら、『この石はこんなもの!』といわれ我慢したそうだ。
見てみると、石灰石が張られていた。そらそうだ、この石はこんなものだ!
むかしよく張られていた石種の一種で、施工が容易で比較的安い商材でその昔、当社もよく使っていた。
でも、石の層がはがれやすく、白く変色しやすいので今は使用していない。
ここを施工した業者は、仕事自体、特別汚い悪い仕事をしてるわけでも無いのなだが、商材のチョイスを間違ったのだ。

私もまだまだ知らないことが一杯有ると思うのだが、もっと勉強して行かなければならないと痛感した。
少しぐらい安い商材を紹介して金額を落としても、後々考えていいものを紹介しないとお客様は満足しない。
ご予算との葛藤で私以下プランナーが苦労するが、このことを乗り越えないといい仕事が出来ない。

この石(たまに石の中に化石が見える)



DSCN0635.jpg

*Category[スタッフのつぶやき/社長] | *Time[20:17] | | ▲Top