[*Master Only]

今、大手ゼネコンの仕事が怖い!

私どもは、公共の建物廻り・歩道・広場のインターロッキングを創業以来やっております。
元々、インターロッキングは最終化粧の商材で工期終盤に呼ばれる事が多いので、工期が無いということで突貫工事をしいられる事が多い業種です。
それでも、昔は現場を指揮する監督がしっかりしていて、それなりに打ち合わせどうりに仕事が進んでいましたが、今は違います。

特に上場されているような大手ゼネコンが怖いです。
というのは、どこも大規模なリストラをしているので社員の数が足らないのです。
派遣社員や下請の監督が大手ゼネコンの制服を着て仕事をしているのです。
それらがちゃんと教育を受けて仕事をしてくれればいいのですが、プライドだけが大手なので性質が悪いのです。

ついこないだも、大変な目に合わされました。
『4日間で1000m²仕上げてくれ!』簡単な施工であれば2班程度入れればいいので問題は無いのですが、ややこしいパターンなので4~5班も入れないと間に合わない。
私どもも工事担当がいますので工事を入る前に、現場監督と打ち合わせをして職人を入れます。でも入ったら受け入れ態勢が出来てないのです。
何べんも打ち合わせしているにも関わらずこんな状態です。
他の現場を調整してこの現場を仕上げる為に何班も用意したのに、作業が出来ない。
1班でぼちぼち作業をして、たくさん作業が出来るようになってから、多くの人間を入れるようにしようとしても言うことを聞かない。
勝手にせー! て感じ!

最初に元請が期限を切った工期にもう20日程度経っていますが、今日も現場に職人が入っています。
元請の指示ミスによるやり直し!

こんなんじゃどこも儲かりませんし、いい仕事が出来ません。
工事担当は怒りまくり、営業担当はストレスがたまり、大変です。
毎年、この忙しい時期に1~2件は大変な現場がありますが、やりがいの起こらない仕事はむなしいです。

*Category[スタッフのつぶやき/社長] | *Time[18:47] | | ▲Top
 | HOME |